エモコンコラム

知らないと損!面接で100%落ちる人の特徴!

#OBOG訪問

#就活

#就職対策

#就職氷河期

サービス業界特化型

人事の本音

面接対策

#コロナ就活

知らないと損!面接で100%落ちる人の特徴!

みなさんこんにちは、「エモコン就活GOちゃんねる」です。

【人事小林】社長、今日は、面接で落ちる人の特徴を話していきたいとおもうのですが

書類審査で良い結果が残せても、いざ面接でうまく力を発揮できない人がいますが、

そういった方の特徴をおしえてもらえますか?

 

GO社長】

なるほど!もったいない人の特徴ですね!

今日は、ずばり面接に落ちる人の特徴を4つに分けて話していこうとおもいます。

【もったいない人の特徴とは!?】

【人事小林

面接に落ちる人の特徴1つ目は

GO社長】

<①第一印象が暗い人です。>

人は初対面の人をわずか1秒で判断すると言われているくらい

ファーストインプレッションはとても重要です。

面接においても第一印象はとても大切です!!!

緊張しているから、うつむきかげんになったり、ボソボソと話してしまうのは

面接官に対する印象が悪くなってしまうリスクが非常に高いです。

緊張しているからこそ、元気ハツラツ!

明るく、堂々と面接に向かっていただきたいですね。

【人事小林

面接という限られた時間の中で、いかに相手に「一緒に働きたい」と思ってもらえるか 本当に第一印象が大事になってきますよね。

GO社長】

社会人は、普段無口でも、必要な時は、きちんと対応できないといけないので、まさに面接は、ここぞというタイミングなので、良い印象を与えられるよう、ハキハキとした受け答えをして、やる気をアピールしていかないといけないですね。

【人事小林

続いて面接に落ちる人の特徴2つ目は

GO社長】

<②話し慣れていない人ですね。>

【人事小林

質問をしても一言しか返ってこなかったりすると、伝えたい事や考えている事がわからなかったりしますよね。

GO社長】

まあ、SNS、LINEの時代で、実際に会話することは、減っているとおもいますが、今までに人前で話したことのない人でも、練習を重ねることにより、だんだんスムーズに話せるようになります。

自分は人前で話すことが苦手だと自覚している人ほど、模擬面接や、話す練習は回数をこなしましょう。

【人事小林

人見知りの人ほど、たくさん練習を積み本番に備えたいですね。

続いて、面接に落ちる人の特徴3つ目は

GO社長】

<③会話のキャッチボールができない人>

これも、落ちる人の原因ですね。

会話の姿勢ですよね。基本的に人間関係の中での会話というのは相手と自分との会話をどうやって盛り上げて、作り上げて行くのかが重要になります。

話しがリレー上に続くとか、そうした状態を作るのが良いコミュニケーションになります。

面接というのは、スピーチの場ではないので、どんなに素晴らしい発表ができても、会話のキャッチボールが成り立たない面接は失敗です。

なぜなら、面接はあなた一人の話をする場所でなく、コミュニケーションスキルなどの社会人としての資質を知るための場でもあるからです。

コミュニケーション能力は社会人に必要な資質!

そうした物が試される場なので自分が話すとき以外も、「相手の話をきちんと聞く」「相槌を打つ」「頷く」などに始まり  質問されたことに対して、ちゃんと受け答えをするなどで相手と共に会話を作り上げていけるようにしてほしいですね。

【人事小林

コミュニケーション部分もそうですが、自分をどう見せていくかというところでは、

私も学生の方とお会いさせて頂いて、この人いいなと思う人は説明会の段階から頷きながら話しを聞いていたり、常に表情が笑顔だったりする。

自分が苦手だなって言う人こそ、そこを意識してもらいたいですね。

最後に、面接に落ちる人四つ目ですが

GO社長】

<④入社意欲は高いが企業研究が薄い人ですね。>

これは、とても重要ですよねー。

「御社が第一志望です!」「絶対御社に入社したいと思っています!」とやる気をアピールしても、企業研究のできていない人がかなりいます。

単なる意欲のアピールだけでなく、それに伴う知識を得ておくことは非常に重要です。

ここでポイントになる事はweb上の情報収取を行う事だけでなく

ザ!アナログ戦略!!

前回の動画で話したOB・OG訪問を活用し、自分だけの企業研究を行える上に

企業のオリジナル情報を得ることにより、他の就活生とは違ったアピールをできるようにすることで面接官に強い印象を残しやすくなります。

【人事小林

そうですね 企業に研究が薄いと、そんな印象に残らないですからね

実際に企業によっては、数百人もの就活生と面接していますから、自分がこの会社に対して

どんな思い入れがあるのか?そこが具体的な方が、印象に残りやすい事や一緒に働きたいと思ってもらいやすいかなと思います。

最後の4つ目はとても重要な事ですね!

【GO社長からみた面接とは?】

GO社長】

面接は、お見合いや結婚とすごく似ていると思います。、いくら素晴らしい優秀な人でも、行きたい会社で採用していなければ、縁もないですし。

すべてはご縁みたいなものがあると思います。実力だけではどうしても解決できない事がある。肩肘はらないで、自分の地を出して良さをアピールすることができたら。

面接官も人間性を見てくれると思います。

個人的には、肩肘張らずに取り組むのがポイントになると思います。無理も背伸びもせず、お互いの相性があう会社を選び、ここの会社でなければだめとか思わないで。

面接に臨むのがすごくいいと思います。

このように

エモコン就活GOチャンネル】では

就職活動を頑張っている学生、転職活動を考えている方に向けて

これからも情報を発信していきます。

 

一覧へ戻る