エモコンコラム

【注目】面接でよくある質問20!!PART2

#OBOG訪問

#就活

#就職対策

#就職氷河期

よくある質問

人事の本音

企業研究

【注目】面接でよくある質問20!!PART2

答えるのが難しい質問とは?

【自己PRの女神 人事小林】
皆さま、おはようございます。こんにちは。こんばんは。
エモコン就活GOちゃんねるです。
今回のテーマですが、今回は前回の続編で!
面接でよくある質問ベスト20!のPART2というテーマで進めていきたいとおもいます
今回はさらに2つピックアップしてお届けしていきますので、よろしくお願いします。

では、まず1つめ
「リーダーシップを発揮した経験はありますか?」
こちらについては、どのようにお答えすれば宜しいでしょうか?

【ESアドバイザー界のグッドファーザー GO社長】
多くの方達はね、リーダーシップを経験したことがなかったり
リーダーシップを発揮したことがないとか、人前に出る事が苦手っていう人も多いと思うんですよね。
企業は皆さんが学生時代に「リーダーシップを発揮したことがあるか?」を聞きたい訳ではないです。
ではなぜ、企業側がリーダーシップの質問をするのか?本当の意図が見えてきたらどう
答えて良いのかが分ると思うので、そこについて詳しくい話しして行きたいと思います。
リーダーシップをしっかり伝えることによって、採用側も企業に合うか合わないかを理解してもらえるので、しっかり自分にとってのリーダーシップの定義を伝えてから話しを
して行くと的確に答えられると思います。
具体的な例をいいます!
部活を題材にしたときに、試合など一致団結する為にミーティングをします。
みんなで意見出し合いましょうとなった際に、それぞれ色々な意見をいうんですが
なかなかまとまらなかったり、意見の食い違いが生じる。
そんな時に自分がみんなの意見をまとめたり、潤滑油てきな役目をしながらみんなが
思っている事を引き出してあげて、また会話を通じてまとめていくことによって
みんなが和やかな雰囲気になったりしてね。
それで結果的には話しがまとまって今までの取り組みとは違って。
チームが一丸となって良い方向に向かいました!みたいな話しができたらすごく良いと
思います。
【自己PRの女神 人事小林】
ありがとうございます。
確かに予め定義を決めた上で、自分の経験を通じて自分が思うリーダー像を伝えると
相手にもイメージしやすく伝わりますね。
【ESアドバイザー界のグッドファーザー GO社長】
そうですね。
軸を持つということかなー定義を言い換えると!
【自己PRの女神 人事小林】
そうですよね!ありがとうございます。
それでは、2つめ
「あなたは〇年後どうなっていたいですか?」
この質問についてはいかがでしょうか?
【ESアドバイザー界のグッドファーザー GO社長】
そもそも、企業に勤めたことが無いのに、5年後・10年後のイメージをするのは、
なかなか難しいですよね!
そういう風に考えると~
生きてくるのが前にも申しましたがOB・OG訪問なわけですよ。
実際に先輩にお会いして、先輩は実際どうなんですか?
先輩が5年後10年後こうなっているそのイメージを自分に置き換えて作っていくことを
して行くべきですよね!自分のキャリアアップをイメージしていく!
どんなステップアップをしていきたいのか?どんなキャリアアップを積んでいきたいのか?そいう言葉に置き換えて捉えたほうがしっくりくると思うのでー。
その為にOB・OG訪問をしておく。例えば、5年後わたしはチームリーダーとして数人を束ねて成功に導き、その経験を活かし10年後には新しい事業のプロジェクトリーダーとして活躍して会社に貢献していきたいと思っています。
みたいなイメージを伝えれたら良いですよねー。

重要ポイントとは?

【ESアドバイザー界のグッドファーザー GO社長】
こういったやり取りや質問に対して真剣に向き合っていくと
やはり企業研究とOB・OG訪問が重要になってきます。
ここをおろそかにしないで、しっかり就職活動をしていただきと思います。
【自己PRの女神 人事小林】
はい、ありがとうございます。

このように
エモコン就活GOチャンネルでは
就職活動を頑張っている学生、転職活動を考えている方に向けて
これからも情報を発信していきます。

一覧へ戻る