エモコンコラム

【必見】内定を勝ち取るための、企業研究!3つのやり方!

#就活

#就職対策

#就職氷河期

サービス業界特化型

人事の本音

企業研究

業界研究

【必見】内定を勝ち取るための、企業研究!3つのやり方!

企業研究を進めるための重要ポイントとは?

【自己PRの達人 人事小林

皆さま、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

エモコン就活GOちゃんねるでございます。

社長、今回のテーマですが、【内定を勝ち取るための、企業研究の!3つのやり方!】

というテーマで進めていきたいとおもいます。

前回ですね、業界研究についてお届け致しましたので。

そこである程度は企業研究の事も知っていることもあるかとおもいますが、より深めていくための企業研究、それを内定に繋げるとなるとなにが大事になるのか・・・

是非、社長教えて頂けないでしょうか!?

【ESアドバイザーの申し子 GO社長】

わかりました!今回は、企業研究ですねー。

業界研究の時に、気になる会社は、会社四季報や業界団体HPなどで調べるといいと

お伝えしましたが、企業研究でポイントを上げると、3つあります。

今日は、その3つをお話ししていきたいと思います。

①1つの企業を深掘りして研究する。深く調べると言う事です。

②何を判断するために調べるかを意識する

③その企業(事業)のお客様が誰なのか?クライアント調べる

【自己PRの達人 人事小林

はい!3つあるのですねー!

ではまず1つ目の、1つの企業を深く調べる。

こちらは、どのように進めていけばよろしいでしょうか?

①企業を深掘りして研究する。

【ESアドバイザーの申し子 GO社長】

そうですねー!

面接などで浅い理解だと【あぁこの子あまり勉強していないんだ】とバレてしまうので。

広く浅くだと損してしまいます。一つの会社を深掘り、研究していくとですね。

なるほど!こういう風に見ていったら良いのか!と気付き、ある意味客観的に見えたり

俯瞰的に見えるので。ぜひ深掘りして研究して頂きたいです。

1社をポイントに深掘りして研究していくと。

他の企業も見方ができるようになってきます。

その中でー、2つおススメの本があるんですけど。

一つめが【業界地図】

コレ本当におススメです!

読むと業界の相関図が分ってくるので!

なるほどーこういう繋がりがあるんだ!なんてね!

業界のトレンドや傾向、市場シェア等が割と詳しくわかりますしー

ホントに面白いです!

2つめは【就職四季報】です。

就職四季報には、売上高から営業利益や経常利益・純利益など!

みんなが知りたい!企業の経営に関わる業績が細かく記載されています。

こうした売り上げなどの情報を一から、企業HPで集めようとすると、

かなりの手間がかかります

また「就職四季報」では、選考フローや採用大学の実績、初任給など就活生にとって必要な情報がまとまっており、選考対策の指針としても有効活用できるんです!

研究したい企業の過去・現在・未来についても調べると会社の考えて方が見えてくるので。

こちらもかなりおススメで面白いので是非、活用して頂きたいですねー。

【自己PRの達人 人事小林

まずは、1つの企業を深く知る事によってに、他の企業も見るポイントが分ったり

スムーズに進められるという点で、1つめのポイントはすごく重要ですよね。

では、2つめ!

【何を判断するために調べるか?】この点についてはいかがでしょうか?

②何を判断するために調べるか?

【ESアドバイザーの申し子 GO社長】

はいっ!

就活生は自分の好き嫌いとか、気に入った気に入っていない。など自分の視点で捉えがちな傾向がありますよね。

でもですねー。やっぱり勤続年数が長いとか、福利厚生など。

自分にあった情報をしっかり調べるということも大切なポイントになるわけですね。

企業研究はー、自分が調べた結果、相手の企業さんにに自分のことをしっかりPRしていく。

具体的にいうとー売上とか利益、そして会社が強化している商品やサービス

新商品、新規事業については取り組んでいる事がわかっていくと、企業の強みがわかってくるので。

ぜひとも理解できるように調べて頂きたいと思います。

【自己PRの達人 人事小林

2つめのポイントは漠然と調べるのではなく、企業の就活軸に沿ってどういった点を

アピールするのか?という視点を持ちながら調べて行くことが大事ということですね。

それでは最後の3つめ!

【企業(事業)のお客様を調べる】これはどういう事でしょうか?

③企業(事業)のお客様を調べる

【ESアドバイザーの申し子 GO社長】

就活生は比較的消費者に立った目線に偏りがちです

BtoBってなかなか分かりにくい部分もあると思うんだけど~、

それに対しての理解が必要になります。

たとえば~ゲーム会社!任天堂さんで例えるとー。

自分がゲームが好きだから、自分様な人間がお客だとなってしまうんですが。

実際、BtoBの視点で見ると、家電量販店やアマゾンみたいな通販サイトに卸していたりだとか。そんな観点から物を見ることでクライアントはどこなのか?

そして取引先企業とどういうところでお付き合いしているのか?を見てくると。

違う観点で分かってきますので、ぜひBtoBの理解を深めて頂きたいと思います。

【自己PRの達人 人事小林

たしかに、学生ですとーなかなかBtoBの先がなんなのか?

イメージしにくい点が多いと思いますので。

そういった意味でも、お客様、相手先を知ることも、ひとつ自分の働き方が明確になる

ポイントになりますね。

では、大事な企業研究、こちらについて最後に社長からメッセージをお願いします。

最後に

【ESアドバイザーの申し子 GO社長】

はい。

企業研究はですね自分が調べたことについて、やはり御社のことを分かっていますということで、自分の自己PRにつながります。

そうするとー。面接の場て採用担当者に、すごく良い質問が出来たりしていくわけですよ。

そういったものが、【この子はこれだけ志望度が高いんだな】とか【好感度UP】につながると思いますから、ぜひ企業研究の手を抜かずに行きたいところをしっかり調べて。

3つのポイントをしっかり押さえて頑張って頂きたいとおもいます。

【自己PRの達人 人事小林

ありがとうございます。

このように

エモコン就活GOチャンネルでは

就職活動を頑張っている学生、転職活動を考えている方に向けて

これからも情報を発信していきます。

一覧へ戻る